欠点と向き合う[Confront Your Shortcomings]

投稿者: | 2024-06-05

 偉そうなことを言うつもりは誓ってないのだけれど、特に若い人に対して、私の考えを押し付けるようなことを言ってしまう事がある。若いとは言ってもその人なりの考え方や感じ方があるわけで、それを尊重せず、否定するような言い方をしてしまう。そんなことをやっていては若者の成長を妨げるだけだ。自らの考えで動くことができるように、大人は支え見守らなければならないのに。
 若い人に限らず、どんなに自分が間違っている考え方だと思っても、その人の考え方を否定することから始めるのは、私は間違っていると思う。先ず聞いてみようではないか。発せられる言葉だけでなく、その裏にある思いまでも感じてみようではないか。話はそれからだと思う。「この人は話を聞いてくれる」という最低限の信頼関係なしでは、言い争いになるだけだ。お説教しか聞かされないと分かっていて、誰が話し合いに応じるだろう。相手がどんな立場の人であろうと、まずは尊重ありきなのだと思う。自戒の念を込めて。

 そもそも私の考えはいつも正しいだろうか。一体誰が判定してくれているのだろう。私の考えはよりも、もしかしたら私が間違っていると思ったあの考え方の方が正しいかもしれない。その可能性を私はどれだけ考慮しているだろう。
 自分の考えが正しいと思いたい気持ちは分かる。私だって思いつきで言っているのではなく、それなりに熟考した上での意見だ。しかし私がいつも正しいとは言い切れないではないか。私に出来ることは恐らく提案止まりだ。何人にも私の考えを押し付けることはできない。それはたとえ私の子どもに対してであってもだ。

 私が誰かにアドバイスをして、それを汲み取ってくれるかどうかは、もう私の力の及ぶ範囲ではないのだろう。どのように生きてゆくかは、一人一人が決めるしかなく、他人の人生を私が背負うことはできない。その部分をよく理解して、自立していないと、必要以上にお節介を焼いてしまうのだと思う。お互いが自立し合っていない馴れ合いの関係は双方にとって良いことにはならないだろう。
 また私の中に、支配欲の存在を感じる。自分の考えにみんなを従わせたいという欲望。つまり私は、大勢が私の指示に従わないことが気にくわない。そういう独裁者のような心を私は持っているのだと改めて自覚する。それは悪の心だと思う。個人差はあっても、たぶん誰もが持っている心だとは思うが、もしかしたら私のそれは比較的強い方かもしれない。

 他者との接触を極力なくしていけば、意見や考えを無意識に押し付けてしまう私の欠点を思い出す機会が減っていくことだろう。見たくない欠点を深掘りする苦痛も軽減される。その方が楽かもしれないが、しかしそれで良いのだろうか。それは私が望む生き方だろうか。
 私は神さまとイエス様と共に、聖霊を授かりながら、人と人の間で生きていこうと決めた。それはこういった苦しみを伴いながら生きることから逃げないということ。考え続けなければならない。悩み続けなければならない。いつまで経っても私は私の生きる道を見出せないかもしれないけれど、その試行錯誤する先々で何らかのヒントに出会えることを期待している。やはり一日一日だ。

 自立しないと……

////////////////////

Confront Your Shortcomings

 I don’t mean to sound arrogant, but there are times when I say things, especially to young people, that force my ideas on them. Young people have their own ways of thinking and feeling, and I do not respect them, but rather, I talk to them in a way that negates them. Such behavior only hinders the growth of young people. Adults must support and watch over them so that they can think and act on their own initiative.
 I think it is wrong to start by denying someone’s way of thinking, no matter how wrong you think it is, not only for young people. Let’s listen first. Let’s feel not only the words that are spoken but also the thoughts behind them. Then we can talk about it. Without the minimum level of trust that this person will listen to me, we will only end up arguing. Who would agree to a discussion if they knew they would only be lectured to? No matter what position the other person is in, there must first be respect. A reminder to myself.

 Am I always right in my thinking? Who in the world is judging me? Could it be that that idea I thought was wrong is more correct than my idea? How much do I consider that possibility?
 I know that I want to think that my idea is right. I don’t say that on a whim, but after giving it some thought. But I can’t say that I am always right, can I? What I can do is probably stop at suggestions. I cannot impose my ideas on anyone. I can’t force my ideas on anyone, even my children.

 It is no longer in my power to give advice to anyone and see if they take it. Each person must decide how to live his or her life, and I cannot take on another person’s life. If we do not understand this part of each other well and be independent, I think I will meddle more than necessary. A familiar relationship in which we are not independent of each other will not be good for both of us.
 I also sense the presence of a desire for control in me. The desire to make everyone conform to my ideas. In other words, I don’t like it when many people don’t follow my instructions. I am again aware that I have such a dictatorial mind. I think it is an evil mind. I think everyone has such a mind, although it may vary from person to person, but perhaps mine is relatively strong.

 If I minimize my contact with others, there will be fewer opportunities for me to be reminded of my flaws that cause me to unconsciously impose my opinions and thoughts on others. It would also reduce the pain of digging deeper into flaws I don’t want to see. That may be easier, but is it better? Is that the way I want to live?
 I have decided to live among people, with God and Jesus, and with the Holy Spirit. That means I will not run away from living with this kind of suffering. I must keep thinking. I must keep worrying. I may never find my way in life, but I hope that I will find some hints in my trial and error. After all, it is one day at a time.

 I have to be independent. ……

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください