Life」カテゴリーアーカイブ

経験と勇気[Experience and Courage]

投稿者: | 2024-05-24

 決して悪気があるわけではないのだろうと思うが、話す相手に対して“為になること”を言おうとしたり、教訓を与えてあげようとしたりする人がいる。そのために学者や著名な人物の言葉や研究を必死に調べて参照し、社会や人間を語ろうと… 続きを読む »

支えられる人生[A Life Supported]

投稿者: | 2024-05-22

 私は独り善がりの考え方に陥りがちで、周りが見えなくなることが多い。切羽詰まってきたときほど、そういう傾向が強くなる。本当は逆で、窮地の時こそ冷静に振る舞いたいものだが、なかなかそうカッコ良くはいかない。相対的なものの考… 続きを読む »

終わりの見えない旅[Journey with no end in sight]

投稿者: | 2024-05-17

 私は神さまに自分の全てを委ね切れてはいない。全て委ねてしまったら、今の生活が崩れ、未来が無くなってしまうように私は感じているのだと思う。うまく書けないが、そういう恐さを感じている。私は結局、聖書に書いてあることを信じ切… 続きを読む »

リスクvs成長[Risk vs. Growth]

投稿者: | 2024-05-16

 「自分の中のどうにもできない未解決問題を、自分の子どもに押し付けてはいないか?」と、ある人に問われた。難しい問いだが、私なりに噛み砕いて解釈すると、「自分の心の底にある悩みや葛藤の存在に気づいていながら向き合わず、うや… 続きを読む »

厳しさの中へ[Into the rigors]

投稿者: | 2024-05-11

 生活していく上では色んな巡り合わせがあって、それは全て神さまのご計画だとは思うのだけれど、上手くいかないな~と感じることが多々ある。頑張りさえすれば物事が自分にとって全て上手く回っていくということはなく、でもそれが人生… 続きを読む »

躾vs自由[Discipline vs. Freedom]

投稿者: | 2024-05-10

 私は57歳で、それなりに両親から躾けられて育ててもらった。幼いころは妹や弟をいじめると、父から腹部をかなり強く蹴られたこともある。人として間違った行いは許されなかった。それが良い躾方かどうかは今日は語らず、ただ事実とし… 続きを読む »

執念の行方[The Whereabouts of Vindictiveness]

投稿者: | 2024-05-07

 気持ちを切り替える必要があるとき、何をするだろうか。何か一つのことに集中して長い時間を費やした時、精神的に追い詰められたようになることがある。仲間とワイワイやりながらであればそれも楽しいかもしれないが、一人でずっと張り… 続きを読む »

裏切りの信仰[Faith in Betrayal]

投稿者: | 2024-04-27

 人間、生きていればそれなりにいろいろある。一見何の苦労もなく、のほほんと生きているように見える人でも、それなりに必ずあったはずだ。高齢の方なんかは、長く生きているだけでも凄いと思う。いろいろある人生を長く生きてきたわけ… 続きを読む »

時が満ちる時[When the time is right]

投稿者: | 2024-04-16

 かつて突飛な発想をする面白い先輩がいて、もう定年で引退してしまったのだが、物事の核心をつく意見をたまに宣っていた。彼は非常に偏った考え方の持ち主で、敵を多く作るタイプではあったが、私は結構好きだった。ある時彼は、「食え… 続きを読む »