Life」カテゴリーアーカイブ

点と線[Points and Lines]

投稿者: | 2022-09-29

 大学時代もあまり勉強しなかった。私が人生で一番集中して勉強したのは中学1、2年生の頃で、それ以降は本気で勉強したという感覚がない。費やした時間は高校受験や大学受験の時の方が断然多かったが、芯の部分というか、純粋に心の底… 続きを読む »

答えのない旅[Journey without answers]

投稿者: | 2022-09-28

 時間が流れている以上、私が同じところに留まるということはない。次の瞬間は誰にとっても経験したことがない未知の世界だ。同じ自分は二度と戻ってこなく、つまり私は変化し続けるということだ。その変化の仕方を「成長」の方向へ持っ… 続きを読む »

誰もが自分の専門家[Everyone is their own expert]

投稿者: | 2022-09-26

 「この人イヤだな~、キラいだな~」と思ってしまう人が、私の本当の姿を映し出す鏡の役割を果たしてくれているかもしれないことは、少し前に書いた。その人を通して神さまが私に真の姿を提示してくれているのかもしれない。それなのに… 続きを読む »

自惚れ屋さん[person who is full of conceit]

投稿者: | 2022-09-25

 負けて悔しいという思いがある。私は連戦連敗で、勝ったという例があまりない。真剣に取り組んだものであればあるほど悔しい気持ちは大きく、それが次への動機づけに繋がることはよくあることだと思う。反対に、負けて悔しくないような… 続きを読む »

健康の罠[Health Traps]

投稿者: | 2022-09-18

 お医者さんから「あなたは鈍感ですね」と言われたことがある。何年か前に風邪か何かの病気で診察を受けた時の話だ。つまり、「健康で体力があることは良いのだけれど、病気が悪化するまで我慢できてしまい、自分でいよいよダメだと感じ… 続きを読む »

高学歴の罠[The Highly Educated Trap]

投稿者: | 2022-09-17

 私は大学受験に失敗して一浪し、翌年も志望した大学には入れず何とか東京にある私立大学の夜間部に入ったという、大学受験に関してはいわば落伍者だ。それでも田舎から東京へ出してもらって、そうやって学ぶ機会を与えられたことは親に… 続きを読む »

髪結いの亭主[Le Mari de la coiffeuse]

投稿者: | 2022-09-15

 昔観た映画でとても印象に残っている映画がある。確かフランスで作られた映画で「髪結いの亭主」というタイトルだった。ある一人の男が理髪店を営んでいる女性に恋をし、やがて二人は結ばれていく。そして二人は一緒にその理髪店を経営… 続きを読む »

快晴の日曜の午後に[On a sunny Sunday afternoon.]

投稿者: | 2022-09-13

 こうして毎日ブログを書くことは、苦しいことではあるけれど、とてもやりがいがある作業だ。自分を知るためにも、物事を深く考えるためにも、とても良い勉強になる。自分でやっていることなのでおかしな言い方になるが、今私の心の支え… 続きを読む »

燃えるような心(その4)[The Burning Heart (Part 4)]

投稿者: | 2022-09-11

 心の底にいる自分が「醜い人間」だと知ってしまうことはとても辛い。失意に沈んだまま、さらにその認めたくない自分を受け入れることは、とてつもなく厳しい作業だ。「オレはそんな人間ではない」という悲痛な叫びが私の中でこだまして… 続きを読む »