human」カテゴリーアーカイブ

重量感[Weight]

投稿者: | 2022-10-07

 一般的に、いわゆる“重い”内容の文章は人気がない。日本語には「重苦しい」という言葉もある。「重い」という意味は、内容が「深刻」とか「真面目」、「難しい」、或いは「理屈っぽい」等という印象を含んでいることがあると思う。そ… 続きを読む »

ダークサイド[Dark Side]

投稿者: | 2022-10-04

 私は多様な考え方に対応できるタイプの人間だという自負がある。自分とは真逆の考え方にも耳を傾けられるし、「その人の立場に立ってみて考えてみよう」という気持ちにも、さほど抵抗なくなることができる。しかし振り返ってみると、そ… 続きを読む »

理性と感情[Reason and Emotion]

投稿者: | 2022-10-02

 感情を選ぶことはできない。意識上に現れてきた感情を抑えたり爆発させたりと、事後処理的にコントロールすることはできるが、生まれてくる感情そのものの種類や強さを選んで、意識上に表出させることはできない。少なくとも今の私にと… 続きを読む »

それから[and then]

投稿者: | 2022-09-30

 いろんなことを感じて、考えることで、何とかかんとかその時点での自分なりの“答え”が舞い降りてくることがある。胸のつかえが取れたようにスッと気持ちが良くて、視界が晴れたような思いがする。そんな時は、決めつけることはできな… 続きを読む »

答えのない旅[Journey without answers]

投稿者: | 2022-09-28

 時間が流れている以上、私が同じところに留まるということはない。次の瞬間は誰にとっても経験したことがない未知の世界だ。同じ自分は二度と戻ってこなく、つまり私は変化し続けるということだ。その変化の仕方を「成長」の方向へ持っ… 続きを読む »

誰もが自分の専門家[Everyone is their own expert]

投稿者: | 2022-09-26

 「この人イヤだな~、キラいだな~」と思ってしまう人が、私の本当の姿を映し出す鏡の役割を果たしてくれているかもしれないことは、少し前に書いた。その人を通して神さまが私に真の姿を提示してくれているのかもしれない。それなのに… 続きを読む »

長い欺き[Long Deception]

投稿者: | 2022-09-21

 本や聖書を読んだり、ニュースや教養番組を観たりして、「知識を増やそう」、「知恵を養おう」等と一生懸命に取り組んではみるものの、私は結局のところ自分の事として考えられないことについては、全くと言って良いほど身につかない。… 続きを読む »

忘却の憂鬱[Melancholy of Oblivion]

投稿者: | 2022-09-20

 芸術家タイプの人にありがちな傾向だと思うのだが、前に交わした会話の内容を憶えていてもらえないことがある。私は結構よく憶えている方で、逆に覚え過ぎていて気持ち悪がられることさえある。相手との間合いというか、何となくその人… 続きを読む »