Looking Back」カテゴリーアーカイブ

名誉ある仕事[Honorary Work]

投稿者: | 2023-10-25

 高校生の時にお世話になった女性の先生が亡くなり、お別れの会をするということになった。そこで託された私の仕事は、昔の写真を使ってスライドショーを作ること。ビデオ制作が専門の私とは言え、大変な仕事だ。一日や二日でできるよう… 続きを読む »

見えないつまみ[Invisible knob]

投稿者: | 2023-10-03

 私は小学校4年生から野球を始め、高校2年生の秋までずっとキャッチャーというポジションを守っていた。守備の時にキャッチャーは、技術的なスキルはもちろん必要だが、もしかしたらそれ以上に、心の強さみたいなものが求められると思… 続きを読む »

怒れる新しい私[The Angry New Me]

投稿者: | 2023-09-05

 咄嗟に怒りの感情が湧いてきて、手が出たり暴言を吐いたりということがあると思う。根本的な感情を完全に抑え込むことは難しいけれど、その表現の仕方はある程度の訓練や経験で制御できるのではないか。年齢を重ねることで善悪の判断が… 続きを読む »

運命の障壁[Barriers to Fate]

投稿者: | 2023-09-02

 何か一つの心配事があると、私は本当に不器用で、複数のことを同時進行できないようなところがある。心が捕らわれてしまい、そのことばかり考えてしまう。心配事の深刻さによるのだが、酷い時は他のことが手に付かないほど何もできなく… 続きを読む »

それぞれの時間[Time for Each]

投稿者: | 2023-08-31

 幼い頃はもっと時間がゆっくり流れていたような印象がある。私が特別なわけではなく、大抵の子どもは好奇心の塊のような感じだろうし、全てが新鮮で一日一日を今よりもっと目を大きく見開いて、集中して生きていたような気がする。 そ… 続きを読む »

繋がりゆく運命[Fate to Be Linked]

投稿者: | 2023-08-24

 私は私が高校生の時の担任の先生と、今でもまだお付き合いさせてもらっている。先生はすでに定年退職されているが、共に聖書を読み、人生を語り、40年の月日を超えて今では同志のような感覚もある。人生の師として尊敬しており、彼な… 続きを読む »

お墓参りと私[Visiting Graves and Me]

投稿者: | 2023-08-15

 クリスチャンになることを目指している私は、毎年先祖の墓参りに行く。ちなみに私の家は浄土真宗系のお寺にお墓を預かってもらっている。キリスト教的にはあまり好ましくない行為なのかもしれないが、必ず家族と一緒にそのお寺を訪れて… 続きを読む »

記録的な日々[Record-Breaking Days]

投稿者: | 2023-07-26

 夏は暑くて良いと思う。日本の夏は暑くなければ夏ではない。冷夏予想と聞けば、残念な気持ちにさえなる。私は小学生の頃から野球に勤しみ、真夏は灼熱の太陽の下で真っ黒になりながら白球を追いかけていた。グラウンドにジリジリと照り… 続きを読む »

大人は大人で[Adults should be Adults.]

投稿者: | 2023-07-25

 「最近の若いもんは、なっとらん!」などと昔はよく言われたものだ。「すぐに弱音を吐く」とか「気合いが足りない」、「考えが甘い」など、いわゆる根性論がまるで正論であるかのようにかつてはまかり通っていた。「若者=弱い」という… 続きを読む »

心理学と私[Psychology and I]

投稿者: | 2023-06-27

 自分の好きなことが仕事になれば一番良いのだろう。絵を描くことが好きなら画家や漫画家など、絵にまつわる仕事に就くことができれば幸せだろう。スポーツが好きならプロスポーツ選手に、他人に教えることが好きな人は先生に、写真が好… 続きを読む »