personality」カテゴリーアーカイブ

向かい合う苦しみ[Suffering Facing]

投稿者: | 2022-10-29

 他人に知られたくない自分の横顔があり、また自分でも向き合いたくない自分の醜さが奥底にあり、そういうできることならいつまでも遠ざけておきたいような自分の一部を掘り下げて考えることは極めて辛い作業だ。掘り下げるほどに辛さ、… 続きを読む »

役者な私[I’m like an actor.]

投稿者: | 2022-10-28

 他人から見ての私ではなく、私がどうありたいかを突き詰めていきたい。私はどうしても他人の視線が気になってしまう。これは今さらどうしようもない習性なのだろうか。私が何をしようともどうせ他人にはなれないのだから、他人が私を見… 続きを読む »

カッコいいおっさん[Cool Old Man]

投稿者: | 2022-10-25

 自分のモットーとか、座右の銘であるとか、もしくは聖書の言葉や、いわゆる「心に残った一言」等、何かしらの「フレーズ」が人の心を支えているということがあると思う。私にも憶えている言葉はあるのだが、それらが日頃から常に忘れら… 続きを読む »

Time Loops

投稿者: | 2022-10-24

 こんないい加減な私だが、割とキッチリとした生活を続けられる期間もある。そう長続きはしないが、でも2~3週間くらいは続くことがある。仕事でもプライベートでもやるべきことをしっかりこなして、睡眠時間も充分に取り規則正しい生… 続きを読む »

ストレスがない人生[Life without Stress]

投稿者: | 2022-10-20

 もし「ストレス」がなかったら私はどうなるんだろうと考えた。一口に「ストレス」と言っても、使い方によって良いものとしても悪いものとしても捉えられる。受ける印象も人それぞれだろう。例えば私の場合は多くの借金を背負ってしまっ… 続きを読む »

私がやる意味(その1)[The Need to Be Me (Part 1)]

投稿者: | 2022-10-16

 組織の一員として働いていると、自分らしさを出すことは限定される。そこのやり方に沿ってやらないと、どんなに一生懸命に働いても認めてもらえないということが起きる。最悪の場合は解雇もあり得るだろう。組織内で決められたルールを… 続きを読む »

欧米化の罠[The Westernization Trap]

投稿者: | 2022-10-14

 日本では欧米などと比べると、まだまだ裁判とか弁護士とかという文化が市民の生活レベルにまで浸透しているとは言い難い状況だと思う。欧米では、争いごとがあればすぐに弁護士などの第三者が介入して、解決を図ることが多いようだ。聞… 続きを読む »

制御不能[Out of Control]

投稿者: | 2022-10-05

 考えても仕方がない場合がある。必死になって考えてみたところで結局何の力にもなれず、事態が変わったり進展したりすることがないシチュエーションがある。もしかしたらほとんどの場合がそうなのかもしれない。けれども、何にもならな… 続きを読む »

理性と感情[Reason and Emotion]

投稿者: | 2022-10-02

 感情を選ぶことはできない。意識上に現れてきた感情を抑えたり爆発させたりと、事後処理的にコントロールすることはできるが、生まれてくる感情そのものの種類や強さを選んで、意識上に表出させることはできない。少なくとも今の私にと… 続きを読む »

自惚れ屋さん[person who is full of conceit]

投稿者: | 2022-09-25

 負けて悔しいという思いがある。私は連戦連敗で、勝ったという例があまりない。真剣に取り組んだものであればあるほど悔しい気持ちは大きく、それが次への動機づけに繋がることはよくあることだと思う。反対に、負けて悔しくないような… 続きを読む »