投稿者「R&Diary」のアーカイブ

R&Diary について

 自分のものの見方・感じ方・考え方を伝えたい。心を開いて本当のことを書かないと伝わらないと思う。だから自分と精一杯向き合って心の言葉と巡り合えるように祈ろうと思う。取るに足らないことでもいい。伝えたいと思ったことを素直に届けたい。  聖書の言葉に惹きつけられ恩師に教えを乞いながら数年研究してきた。クリスチャンではないしキリスト教がどういうものなのか理解しているとは言い難いが、書いていく中で聖書の香りが漂うような表現ができれば嬉しい。そして誰かに勇気を与える一助になれば幸せだ。 ////////////////////////////////////////  I want to convey my own way of seeing, feeling, and thinking. I don’t think it will be delivered unless you open your heart and write the truth. Therefore, I will pray that I can face myself as hard as I can and meet the words of my heart. Though it might be insignificant for others, I want to deliver honestly what I want to convey.  I have been attracted to the words of the Bible, and studied for about four years while asking my teacher to teach me. I’m not a Christian and it’s hard to say that I understand what Christianity is, but I’d be glad if I could express it with the scent of the Bible as I write. And I would be happy if I could help give courage to someone.

つわものどもが夢の跡[It is all that’s left of ancient warriors dreams]

投稿者: | 2022-09-22

 私が小さかった頃、定食屋さんなのか居酒屋なのか定かではないが、そういう場所に何かのタイミングで親に連れられていくことがたまにあった。顔の大きいオジさんたちが、酔っ払っているのか、いつも大声でお店の女性店員を呼びつけて注… 続きを読む »

長い欺き[Long Deception]

投稿者: | 2022-09-21

 本や聖書を読んだり、ニュースや教養番組を観たりして、「知識を増やそう」、「知恵を養おう」等と一生懸命に取り組んではみるものの、私は結局のところ自分の事として考えられないことについては、全くと言って良いほど身につかない。… 続きを読む »

忘却の憂鬱[Melancholy of Oblivion]

投稿者: | 2022-09-20

 芸術家タイプの人にありがちな傾向だと思うのだが、前に交わした会話の内容を憶えていてもらえないことがある。私は結構よく憶えている方で、逆に覚え過ぎていて気持ち悪がられることさえある。相手との間合いというか、何となくその人… 続きを読む »

逆転の発想[Inversion of the idea]

投稿者: | 2022-09-19

 昨日アメリカメジャーリーグの大谷翔平選手が今シーズンの13勝目をマークした。本当に「凄い」の一言に尽きる。打つ方でも第一打席でレフトオーバーの二塁打を放ち、勝利打点をあげている。伝説は引き続き作り続けられている。くれぐ… 続きを読む »

健康の罠[Health Traps]

投稿者: | 2022-09-18

 お医者さんから「あなたは鈍感ですね」と言われたことがある。何年か前に風邪か何かの病気で診察を受けた時の話だ。つまり、「健康で体力があることは良いのだけれど、病気が悪化するまで我慢できてしまい、自分でいよいよダメだと感じ… 続きを読む »

高学歴の罠[The Highly Educated Trap]

投稿者: | 2022-09-17

 私は大学受験に失敗して一浪し、翌年も志望した大学には入れず何とか東京にある私立大学の夜間部に入ったという、大学受験に関してはいわば落伍者だ。それでも田舎から東京へ出してもらって、そうやって学ぶ機会を与えられたことは親に… 続きを読む »

ホッとする場所[A Place to Relax]

投稿者: | 2022-09-16

 弱音を吐いたり、愚痴ってみたり、誰かに甘えてみたり、そういうことを許さないような雰囲気の中では私は息が詰まってしまう。積極的な気持ちを持ち続けたいし、前を、上を目指して頑張りたいとは思うが、私はいつも強い自分ではいられ… 続きを読む »

髪結いの亭主[Le Mari de la coiffeuse]

投稿者: | 2022-09-15

 昔観た映画でとても印象に残っている映画がある。確かフランスで作られた映画で「髪結いの亭主」というタイトルだった。ある一人の男が理髪店を営んでいる女性に恋をし、やがて二人は結ばれていく。そして二人は一緒にその理髪店を経営… 続きを読む »

受け止める側の責任[Responsibility of the Receiver]

投稿者: | 2022-09-14

 一人一人に真実があるのだと思う。私の真実と誰かの真実を比べれば、もしかしたらすごく似ている部分があるかもしれないし、全く相容れない性質のものかもしれない。それで良くて、それが当然なのだろうと思う。それが今流行っている「… 続きを読む »

快晴の日曜の午後に[On a sunny Sunday afternoon.]

投稿者: | 2022-09-13

 こうして毎日ブログを書くことは、苦しいことではあるけれど、とてもやりがいがある作業だ。自分を知るためにも、物事を深く考えるためにも、とても良い勉強になる。自分でやっていることなのでおかしな言い方になるが、今私の心の支え… 続きを読む »